LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

レズビアン

【仲良しカップルは知っている】彼女との些細なケンカを無くす方法

更新日:

「ケンカはしたほうがいい」「ケンカをしたほうが仲が深まる」

といった話も聞きますが、なるべくなら恋人とケンカはしたくないですよね。

 

時に些細なケンカから大きなケンカに発展し、

場合によっては別れも考えてしまうかもしれません。

 

そんな些細なケンカをしないためにも日頃から心がけておくべきことは

どんなことがあるでしょうか。

「ごめんね」と「ありがとう」

まず、日頃から「ごめんね」と「ありがとう」が言えていれば、

ムダなケンカは起こりません。

 

「言うのはちょっと恥ずかしい」

「言わなくてもわかるだろう」と素直に言えないでいると、

何かをきっかけにケンカが始まってしまいます。

 

2人がいい関係を続けるためには、

付き合って月日が経っていても「ありがとう」と「ごめんね」は言いましょう。

相手の話を最後まで聞く

イライラしている時に、

相手が話し終わる前に自分の話をかぶせてしまうことはありませんか?

話を最後まで聞かないのは、ケンカをヒートアップさせてしまう可能性があります。

 

相手が話している最中での反論は良くないですし、

頭ごなしに否定することもケンカの原因になります。

お互いの意見の相違はあると思います。しかし自分の考えを頭ごなしに否定されたら誰だっていい気はしないですよね?

 

「確かにそういう考えもあるよね」と一旦相手の意見を受け入れた上で

自分の意見を言うように心がけるといいかもしれません。

過去を蒸し返さない

過去にケンカをして許したこと、一度話し合って解決したことなら、

もうその話を持ち出すのはやめたほうがいいでしょう。

 

話し合いをする時は、今目の前の問題についてのみ話しましょう。

誰でも十分反省したことをまた蒸し返されたら嫌な気分になりましたすよね。

紛らわしい言動は控える

例えば友だちとの距離が近すぎて嫉妬からケンカに発展したことがあるのなら、

距離感を考えたほうがいいですし、誤解を招く言動は控えたほうがいいですね。

 

相手がどんなことが嫌なのかを理解しておくことも大切です。

「ケンカにならないように」とむやみに自分を変える必要はないですが、

いい関係を築くためにやっぱりお互い努力や工夫は必要です。

まとめ

たまにぶつかることはあっても、

大好きな彼女と一緒にいる時は楽しく過ごしたいですよね。

 

普段の心がけ次第で些細なケンカはしなくて済みますよ!

-レズビアン
-, , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.