LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

同性婚

【同性パートナー】賃貸はスムーズに借りられる?2人が一緒に住む方法

更新日:

同性のパートナーと一緒に住みたいと思った時、

「同性愛者ということで断られることはないか」

「何か事前に知っておくべきことはないか」と

家探しで不安になったことはありませんか?

 

実際家探しをするにあたって苦労した方もいるようです。

同性パートナーの家探し事情

同性パートナーがいる約60%の人が「同居中」もしくは「同居したことがある」

というアンケート結果があります。

しかし、賃貸探しに苦労した方は44%もいるのです。

 

その背景には大家さんや管理会社が「入居してほしくない」

「入居をためらう」といった声がゲイカップルに対しては47%、

レズビアンカップルには38%の上っているという現実があります。

 

残念なことにまだまだ偏見は根強いようです。

同性パートナーが一緒に住む方法

では、一緒に住むにはどうしたらいいのでしょうか。

どちらかの家に引っ越す

2人で部屋を探すのではなく、どちらかの家に一緒に住み始めるという方も

多いのではないでしょうか。

 

しかし、この場合1人暮らしから2人暮らしになったことを

大家さんや管理会社に報告する必要があります。

 

報告をしていない状態で2人で家賃を折半ということになると、又貸しになってしまいます。

 

トラブルにならないためにも気を付けておきましょう。

カミングアウトしない

友だち同士のルームシェアとして借りる方法もあります。

 

パートナーのどちらかがカミングアウトしていない場合や、

とりあえず一緒に住む家を借りたいという方にはいいかもしれません。

 

しかし、隠し事なく、カミングアウトもしてお家を借りたいと思っている方には、

不本意な方法です。

 

また、とりあえずではなく長い間住む家にしたい方は、

それだけ長い間隠し続けることにもなります。

 

2人でよく話し合って決めるようにしましょう。

LGBTフレンドリー物件

一番おすすめなのは

同性パートナーでもOKと掲げている不動産情報を探すことです。

 

現在SUUMOでは「SUUMO for LGBT」と称し、お部屋探しでのお悩みを解決し、

気軽に物件探しができる環境になっています。

 

LGBTフレンドリー物件が一目でわかります。

外部リンクSUUMO for LGBT―SUUMO

まとめ

とはいっても案外、仕事や生活状況などの支払い能力のみが判断基準で、

あっさり借りられるところもあるようです。

 

2人でよく話し合い、お互いが納得できるベストな方法を探しましょう。

-同性婚
-, , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.