LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

LGBT

「LGBT専用トイレ」問題から見る本当の問題点とは

更新日:

最近LGBT専用トイレなるものが話題を呼んでいます。

聞いただけでも「?」となるような、正直何がしたいのかわかりません。

LGBTフレンドリーを掲げている企業が活動の一つとして行ったことであっても、

少し考えれば当事者でなくてもおかしいと気づくはずです。

 

トイレに関しては特にトランスジェンダーや

クエスチョンの方に多い悩みのようです。

 

解決をするために本当はどんなことが必要なのでしょうか。

トイレ問題を解決するには

LGBT専用トイレではなくだれでもトイレを増やすこと。

だれでもトイレは車いす利用者や高齢者、オストメイト(人工肛門利用者)、

障害のあるかた優先の男女関係なく使えるトイレです。

 

このだれでもトイレならだれでも使用することができます。

しかし、あくまで車いすの方や障害のある方優先のトイレとなりますので、

これを増やす必要があるのです。

 

悩みの一つとしてあるのは、「人目が気になる」ということです。

それなのにLGBT専用トイレを作っては意味がありませんよね。

だれでもトイレなら文字通り誰が使ってもいいのですから、

気にすることはありません。

 

多くの場合、身体の性別に合わせてトイレを使用しなくてはなりません。

でも心は違うのですから、女性が男子トイレに、男性が女子トイレに入るのと

同じような感覚です。落ち着きませんよね。

 

また、クエスチョンの方にとってはどっちかを選んで入ることになります。

どちらでも入れるから混み具合で決める方もいらっしゃいますし、

自分の中で決まっている方もいます。

でもだれでもトイレならそんなことも考えなくてよくなります。

 

だって、トイレに行きたいだけなのですから…。

 

LGBT専用トイレを作ることでそれ自体が差別・区別となっていることに

気づかなくてはなりません。

まだまだある多くの問題点

今後の課題はどのようなものがあるのでしょうか。

 

全て男女共用のトイレにすれば、男性・女性など考えずだれでも使えます。

しかし、そこまで急激な環境の変化は難しいです。

それこそ、今まで以上に問題がでてきてしまいます。

 

だれでもトイレをただ増やすのではなく、設置場所も考える必要があります。

例えば、カミングアウトしていない友だちと一緒にいる時に

女性トイレや男性トイレに入らず、

だれでもトイレに入るのは抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

 

そんなことも想定して、男女トイレと離れた位置に

だれでもトイレ専用の場所を設置するということも必要になってくるかと思います。

離れていれば、

だれでもトイレしかないからそこに入ったということになりますからね。

 

そしてだれでもトイレについて先述したように、

基本的には優先トイレとなりますので、

車いす専用のトイレを使用するのは引け目を感じるという方もいらっしゃいます。

 

だからこそ、だれでもトイレを増やす必要があるのです。

1つのトイレに利用が集中することも軽減できますし、

2つ3つあることで、ストレスを感じることなく使うことができます。

 

設備や機能の改善やにおい、おりものについてなど、

だれもが使いやすいトイレとなるとまだまだ課題はありそうです。

まとめ

LGBTなどのセクシャルマイノリティの方は特別扱いされたいのではないのです。

 

ただトイレに行くだけだと思う人もいるかもしれません。

しかしその「ただトイレに行くだけ」ということを難しくしているのは

この社会です。

 

LGBTフレンドリーを掲げ、様々なことに取り組んでいるのは

素晴らしいことではありますが、

このような活動や政策を行う前に

当事者の方の生の声をもっと聴くべきなのではないでしょうか。

-LGBT
-, , , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.