LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

LGBT

「あなたはしていませんか?」恋人を不安にさせる行動5選

更新日:

恋愛は楽しいこともあれば辛いこともあり、悩みはつきないですよね。

好きな人と好き同士になれて恋人同士になれることって

本当はすごく特別で幸せなことです。

そんな大好きな恋人を悲しませてり不安にさせたくは無いですよね?

 

今回はそんなつもりは無くても相手が

「本当に好きなのかな」と不安になってしまう行動をまとめました。

 

もし、心当たりがある人がいたら気をつけてください。

もしかしたら相手は悩んでいるかもしれませんよ。

会話や連絡が減った

会話や連絡が減るということは

それだけ相手への関心が減ったということになります。

今までの連絡頻度にもよりますが、

あからさまに返信が遅いと相手を不安にさせてしまうかもしれません。

 

もし、仕事が忙しかったり、疲れていたりする時は

素直に理由を伝えてあげましょう。

その方が相手も変に勘ぐったりしなくて済みますからね。

嫉妬しない

束縛するほど嫉妬するとまた逆効果になってしまいますが、

まったく嫉妬されないと「愛されているのかな?」と

不安に思うこともあるようです。

 

嫉妬しているけど恥ずかしくて無関心なふりをしてしまう人も

いるかもしれませんが、たまには素直になってみましょう。

デートの後に予定を入れる

デートの後に予定があると、〇時までに帰るということが

決まってしまいますので、少し寂しさを感じてしまうことも。

 

たまになら仕方ないですが、しょっちゅうだと

あまり長い時間一緒にいられないため不安になってしまいます。

一緒の時間が長ければ長いほど、相手を安心させてあげることができますよ。

友だちに愚痴を言っている

共通の友だちがいる場合は注意しましょう。

そんなに大したことじゃないと思っていた小さな愚痴でも、

もし相手の耳に入るとかなりのダメージです。

 

本人から言われるのではなく、第三者から言われると

「嫌われているんだ」と思われても仕方ありません。

 

友だちに恋人の相談をするのはいいですが、

それが愚痴ばっかりにならないように気を付けた方がいいかもしれませんね。

帰りが遅くなった

友だちと遅い時間まで飲みに行ったり、

気づいたら遅い時間で朝帰りしたり、

相手が不安になるようなことはしていませんか?

 

友だちと遊ぶのはもちろん楽しいですが、

大切な恋人を悲しませてまで遊び回るのは少し問題かもしれませんね。

信用して欲しいと思うかもしれませんが、不安にさせないために

あなたも歩み寄りましょう。

特に朝帰りはほどほどに。

まとめ

当てはまることはありませんでしたか?

相手に重いと思われないために

不安な気持ちを言い出せない人もいます。

しかし、我慢し続けるといい結果になりません。

 

恋人に悲しい思いをさせないためにも、

安心させられる行動をとるように心がけましょう!

-LGBT
-, , , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.