LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

LGBT

同棲してもうまくいくカップルとは…チェック項目5つ

更新日:

大好きな恋人と過ごしているカップルなら、

同棲を一度は考えることもあるのではないでしょうか。

しかし一緒に住むとうまくいかない事もあるのではないか、

ケンカしてしまうのではないかと不安に思うこともあると思います。

 

同棲を考えていて、どうやったら同棲がより良いものになるのか

考えているカップルの方は必見です。

 

せっかくなら楽しい同棲生活を送りたいですよね。

少しでも知識を持っておくことで同棲に失敗する確率はグッと下がるはずです。

一人の時間を大切にできる

一緒に住むわけですから、

家にいる時間は常に一緒に過ごすことになります。

 

お互いに一人暮らしが長いと、最初は大丈夫でも

だんだんと窮屈に感じてしまうこともあります。

そんな時に常に一緒にいるのではなく、

それぞれが一人の時間を持つことも大切です。

 

そしてその間隔が同じであることがベストです。

 

できるだけ一緒にいたい人と、毎日1時間は一人の時間が欲しい人とでは

どちらかが我慢する必要がありますよね。

なんでも最初は平気です。

それが何度も続くとどうしても不満が溜まってしまうのです。

 

お互いの寂しさ度合いを知った上で、

一人の時間の作り方を考えておくできかもしれませんね。

きちんと話し合いができる

何か不満があったり、ちょっとしたケンカがあっても、

一緒にいないと時間が経てばなんとなく過ぎていたかもしれません。

しかし一緒に住んでいるとなかなかそうはいきません。

 

揉め事も解決しないといつまでも険悪ムードであったり

同じことを繰り返したりと、

ケンカばかりになってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、きちんと話し合うこと。

お互いに合わないところがあるのは当たり前です。

それを見て見ぬふりすることなく、

歩み寄るためにも話し合いがきちんとできる関係であるべきでしょう。

部屋のキレイ度合いが合っている

潔癖症の人とそうでない人が一緒に暮らすのは

なかなか難しいかもしれません。

相手が気にならないところでも

自分が気になってしまうとイライラしてしまいます。

 

そのため、ある程度きれい好きの度合いが

一緒である方がいいかもしれません。

 

一緒に住んでいないとなかなかわからない事ではありますが、

掃除機をかける頻度や洗濯の仕方など

一度正直に話し合ってみるといいかもしれませんね。

お互いが束縛や依存をしない

今までは連絡を取り合っていない時間は

何をしていても自由です。

 

しかし一緒に住んでいるといつもいる時間にいない、

休みの日に予定が入っているというのが全てわかります。

 

相手の予定や何をしているのかわかることで

安心できるのはいいことですが、誰とどこで何をするのか

尋問のように聞いてしまうと窮屈に感じる人もいるでしょう。

 

また、一緒に住むことで生活コストを削減できるとはいえ、

金銭面に関しても相手に依存せず、自立していることが大切です。

「ありがとう」と「ごめんね」が言える

基本的なことですが普段から「ありがとう」が

素直に言える間柄が理想です。

 

一緒に住むと協力してすることが増えます。

そんな時に「ありがとう」があるか無いかでは大きな差です。

 

そして小さなことでも「ごめんね」が言えることで

大きなケンカにならなくて済むこともありますよね。

 

親しき中にも礼儀ありですから、

長く付き合っていく中でも大切なことです。

まとめ

同棲したいけど迷っている方…この項目を全てクリアしていれば

一歩踏み出してみるのもいいかもしれません。

 

もし、不安要素が見つかった場合でも焦ることなく、

2人で話し合ってみるのもいいかもしれません。

 

始める前は心配や不安もあると思いますが、

同棲は大好きな相手と何気ない毎日を一緒に過ごせて、

帰る場所が一緒でとてもハッピーなことです。

パートナーとしっかり話し合ってみましょう。

-LGBT
-, , , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.