LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

NEWS

LGBT寄稿文掲載の「新潮45」休刊を発表

更新日:

引用元ー新潮社

「LGBTは生産性がない」などと発言した

自民党の杉田水脈衆議院議員の寄稿文の掲載をした新潮45が休刊を発表しました。

 

さらに9月18日発売の10月号で

「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、杉田氏を擁護する特集を掲載。

そのなかで文芸評論家の小川榮太郞氏が、

LGBTに対して一般的に使われる「性的指向」ではなく、

性に関する好みや趣味といった意味を持つ

「性的嗜好」という言葉を使ったことなどに対し、批判がさらに集まりました。

新潮社・佐藤社長謝罪コメント

月刊誌新潮45の特集を巡り、新潮社は25日同誌の休刊を決めたと発表しました。

同社は

「部数低迷に直面し、試行錯誤の過程で編集上の無理が生じた。
その結果このような事態を招いたことをお詫びします。」

と謝罪しました。

 

騒ぎの拡大を受け、佐藤隆信社長はコメントを発表しました。

「新潮45の特別企画のある部分に関しては、
あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。」

「弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です。」

しかしながらこのコメントに謝罪の言葉がなかったため、さらに波紋が広がりました。

杉田議員の寄稿文からみる問題点

どうしてこのような事態になってしまったのでしょうか。

事の発端である8月号の内容はどのようなもので、

何が問題であったのでしょうか。

LGBTのうちLGBを性的「嗜好」であるとし、

「趣味」「好み」の話であると読者に誤った情報を提供したこと

LGBTの人たちが、多額な税金を投入しなければならない施策を

要求しているわけではないし、

実際に多額の金額が使われていることもないのに、

LGBT支援にどうして多額の金を使わなければならないのかと発言

LGBTのカップルについて、子供を作らない、つまり『生産性』がない。

そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。

など、子供を産まない人達に差別的な評価をし、支援に否定的な発言

さらに10月号の特集はそれに対し

「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題して、7人が寄稿しました。

文芸評論家の小川栄太郎さんの論考は、

同性愛を「全くの性的嗜好ではないか」とした上で、

LGBTの権利を擁護するなら「痴漢」が

「触る権利を社会は保障すべきでないのか」などと主張しました。

まだまだ事態が収束する様子はない

休刊という名の廃刊ではないかとの声も出ており、

事態の収束はまだまだ時間がかかりそうです。

今回の件で新潮社の本を取り扱わないとする書店も出てきており、

さらに新潮社に対する世間の目は冷たくなっています。

 

騒動が拡大する中、今後、新潮社はどう対応していくのでしょうか。

-NEWS
-, , , , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.