LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

NEWS

【性別に関係なく着られる】福岡県の中学で制服見直し

更新日:

福岡県の北九州市教育委員会は19日、市立中学校に性別に関係なく

選択できる「標準服」を導入する方針を決めました。

 

標準服導入については、中学校校長会が6月から議論。

2020年度からの実施を目指します。

 

同県福岡市でも今年度から詰め襟やセーラー服以外からも

選択できるよう市立中学校の制服のあり方を検討することにしています。

もっと自由な制服スタイルに

制服について悩みを持っている人は多い。

制服を着ることで息苦しいと思う人もいるでしょう。

そうでなくても思春期で悩みも多い中、大人が真剣に取り組み考え行動し、

手助けできることはするべきです。

 

実際LGBTなどの性的少数者ではなくてもスカートを履きたくない女性もいます。

機能性の面で見るとやはり冬にスカートは寒いですし、

自転車や電車通学の人にとってはズボンが良い場合もあるでしょう。

LGBTなどの性的少数者の方だけでなく、

制服の自由を訴えている人は意外と多いのかもしれません。

 

しかしながらズボンとスカートが選べるタイプではなく、

学校の生徒である証を身につける方法は無いのかと思います。

 

例えばブレザーだけは制服があり、

それ以外は自由に合わせて着こなすことができたり、

カバンだけは指定のもの限定にしたり、

そのようにすればもっと自由に好きな服装でいられるのではないでしょうか。

標準服とは

標準服とは基本的に制服のことですが、

LGBTなどの性的少数者に配慮した標準服の導入を検討ということではなく、

制服といってしまっていいのではないかと少し疑問に思います。

以前話題になりましたLGBT専用トイレ。

 

この時にも「LGBTなどの性的少数者に配慮しています」

「LGBTの方はこちらへどうぞ」と

言わんばかりの制作に首をかしげる人が多くいました。

 

この標準服という呼び方、元々ある言葉ではありますが、

制服と標準服を分ける意味はあるのでしょうか。

そうすることで標準服を選択するということに

躊躇してしまう人もいるかもしれません。

 

一般的に着用の義務があるものが制服、ないものが標準服とされていますが、

そこを分けて考える必要はあるのでしょうか。

 

選択制の制服というスタイルにすることに何か不便があるのか、

配慮するということを考えすぎてまた

特別扱いされたいのではないという思いに気づけずにいるのではないかと不安になります。

 

「LGBT専用トイレ」問題から見る本当の問題点とは

最近LGBT専用トイレなるものが話題を呼んでいます。 聞いただけでも「?」となるような、正直何がしたいのかわかりません。 LGBTフレンドリーを掲げている企業が活動の一つとして行ったことであっても、 ...

続きを見る

まとめ

「標準服を選ぶことで『カミングアウト』ととられる恐れはないか」

「いかに違和感なく選択肢を増やせるかが焦点」などの

意見が交わされています。

市教委は生徒、保護者向けアンケートも実施する方針する予定です。

 

学校は勉強をするところであり、制服を着るために行くところではありません。

その制服を着ることによって嫌な思いや息苦しさを感じる人がいる以上、

考えていかなければならない問題です。

-NEWS
-, , , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.