LGBTQ、ジェンダークィアのお悩みやニュースブログ

カミングアウト

NEWS

平沢勝栄議員のLGBT発言

更新日:

LGBTなどの性的少数者について、自民党の平沢勝栄衆議院議員が

「LGBTばかりになったら国はつぶれる」と発言したことで話題になっています。

 

自民党の平沢議員は3日、山梨県で開かれた集会であいさつし、

「少子化問題」に触れ、LGBTについても発言しました。

「LGBTで同性婚で男と男、女と女の結婚。

これは批判したら変なことになるからいいんですよ。もちろんいいんですよ。

でもこの人(LGBT)たちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ」

 

また、同性婚について証明書を出していることに触れ、

「先進区だとか自慢しているが、私にはその考え方はよくわからない」

とも述べました。

 

LGBTをめぐる発言では、自民党の杉田水脈議員が去年、

LGBTのカップルは「生産性がない」と雑誌に掲載し、批判を浴びました。

LGBTについての発言

近年LGBTという言葉が一気に広まり、LGBTなどの性的少数者が増えていると

勘違いしている人もいるかもしれません。

しかし、増えているのではなく、我々が知らなかっただけであり、

当事者の方々が声を上げにくい世の中であるということです。

 

度が過ぎるLGBT支援などと言われていますが、

今までがどれ程生きにくい世の中だったか、

そして今現在も課題は山積みです。

 

今回の「この人(LGBT)たちばっかりになったら国は潰れちゃう」という言葉には、

何も知ろうとしない、知識の全く無い発言であると言えると思います。

ばっかりになるとはどういうことなのか…

全く意味の分からない例え話ですよね。

 

LGBTについての政策や支援が急激に広がっているのは、

日本が今までどれだけ遅れている国だったのか、

反省するべきところでもあると思います。

それを、「先進区だとか自慢している」と捉えるのは、

全く関わろうとしないとしか受け取れません。

 

少子化問題という大きな問題を前に、

LGBTという言葉が多く聞かれることで、

ただそこに責任をなすりつけているようにしかみえません。

 

この発言を聞いて当事者の方々がどう思うのか、

また世間が注目することでもっと多くの心無い言葉が出てくる可能性もあります。

理解できない、理解するつもりもないのであれば

発言するべきことではないと思います。

 

せっかく人前で話す機会のある人物が、知識なく発言してしまうこと、

行動できる人たちが当事者の声をしっかり聴くことなく

的外れな政策をしてしまうことが本当に残念です。

-NEWS
-, , , , ,

Copyright© カミングアウト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.